姫山公園(姫路公園)日本庭園

Himeyama Park Japanese Garden, Himeji, Hyogo

世界遺産“姫路城”を含む都市公園・姫路公園内で最も古く、大正時代に開園した“姫山公園”一帯に残る池泉回遊式庭園。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

姫山公園(姫路公園)日本庭園について

「姫路公園」(ひめじこうえん)は世界遺産『姫路城』の天守を含む姫路城内を公園とした都市公園。その全域が国の特別史跡に指定され、日本の歴史公園100選にも選定されています。

正確な範囲で言うと姫路城西御屋敷跡庭園『好古園』や、丹下健三・黒川紀章の建築のある『シロトピア記念公園』も姫路公園に含まれるのですが、ここでは姫路城天守の東部にある“姫山公園”について。

明治維新後は陸軍の軍用地に転用された姫路城。現在の『シロトピア記念公園』の一帯に軍の施設が建つ一方で、喜斎門や北勢隠門のある勢隠曲輪から南(天守閣含む)は市民の声を受け1912年(大正元年)に姫路市に払い下げ。“姫山公園”の名で都市公園としての公開がスタート。

天守の北東部にある『姫路神社』の脇に池泉回遊式の日本庭園があります。姫路神社は江戸時代中期~明治維新まで姫路藩を治めた藩主・酒井家を祀った神社で、創建は明治時代(1879年)。米沢の『上杉神社』等と同じく、民衆が江戸時代の藩主を祀るための神社。

先の庭園のルーツはわかっていないのですが、おそらく大正時代の公園開園&姫路神社のこの地への移転(大正14年・1925年)に伴って神苑もかねて作庭されたものかな。今後古写真とかも探してみたい…。
地元では桜の名所としても知られるらしいので、その季節に姫路を訪れた時はチェックを。

(2021年4月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

山陽新幹線・各線 姫路駅より約2km(徒歩25分/駅前にシェアサイクルあり)
姫路駅より路線バス「姫山公園南」バス停下車 徒歩5分

〒670-0012 兵庫県姫路市本町68 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。