肥後細川庭園(ライトアップ)Higo Hosokawa Garden (Lightup), Bunkyo-ku, Tokyo

熊本藩主・細川家の江戸屋敷より残る池泉回遊式庭園が、「竹あかり」で彩られる美しい庭園ライトアップ『ひごあかり』。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

肥後細川庭園ライトアップ「ひごあかり」について

【秋期限定開催】
「肥後細川庭園」(ひごほそかわていえん)は文京区立の公園で、熊本藩主・細川家の江戸下屋敷跡に残る池泉回遊式庭園。2016年に名称を「新江戸川公園」から「肥後細川庭園」に改称。

江戸時代に徳川家の御三卿・清水家、一橋家の屋敷を経て、幕末に肥後熊本藩・細川家の下屋敷に。庭園名の改称にあわせて改修整備された「松聲閣」(しょうせいかく)は細川家の学問所やお屋敷として使われていた建物で、リニューアル後は休憩所や会議室・ギャラリー等の憩いの場としても使われています。

そのリニューアルの年から始まったのが紅葉時期の庭園ライトアップ『ひごあかり』。2018年は11/23[金]~12/2[日]の開催。

熊本県の「竹あかり」制作/プロデュース集団・CHICAKEN(http://chikaken.com/)の手掛けるライトアップは、「竹あかり」の和×アート演出や、紅葉や松の雪吊りが色とりどりのライトに照らされ、本当に美しい…!またイベントは熊本地震復興への支援も兼ねており、熊本に関する様々な展示・販売もあります。

※ちなみに近隣の「ホテル椿山荘(山縣有朋旧宅跡)」でも秋期~クリスマス頃までライトアップをされているそうなので、そちらも合わせてどうぞ!

・・・・・・・・
個人的には「新江戸川公園」だった頃から何度も通っている庭園です(昼間の庭園の写真はこちらから)。

以前から都内で無料で見られる(江戸時代の屋敷にルーツのある)日本庭園の中では最もクオリティの高い・また日本庭園としての面影が残っている公園でした。このようなイベントを通じて「日本庭園=映える」というイメージが広がり、人気が出てきているのはすごくうれしい。今のところ混み過ぎていないところもまた良い。

なお、かつては周辺の「永青文庫」、「和敬塾本館」まで細川家の敷地だったとのこと。すぐ近くのホテル椿山荘(山縣有朋旧宅跡)や関口芭蕉庵、早稲田大学構内の大隈庭園甘泉園公園と合わせた日本庭園巡りはオススメの散歩コースです。お隣の「江戸川公園」にも古庭園の遺構と言われている?石組が残っていたり。その他、都内の肥後藩・細川家ゆかりの公園としては「戸越公園」があります。

(2017年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

都電荒川線 早稲田駅より徒歩4分
東京メトロ東西線 早稲田駅より徒歩12分、有楽町線 江戸川橋駅より徒歩15分

〒112-0015 東京都文京区目白台1-1-22 MAP