玄宮園(玄宮楽々園)Genkyuen Garden (Genkyu-Rakurakuen), Hikone, Shiga

世界遺産の登録を目指す国宝“彦根城”のリフレクションも…江戸時代初期の四代藩主・井伊直興の代に作庭された大名庭園。国指定名勝。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

玄宮楽々園/玄宮園について

「玄宮園」(げんきゅうえん)は日本国内で5つのみの国宝天守を有する城郭の一つ『彦根城』の城内に残る江戸時代の大名庭園。隣接する『楽々園』とともに『玄宮楽々園』(げんきゅうらくらくえん)として国指定名勝で、国の特別史跡『彦根城跡』にも含まれます。

江戸時代に多くの大老・老中を輩出した大名・井伊氏の居城で、現在は世界遺産への登録を目指している彦根城。その井伊家の代々の城主/藩主が愛でた庭園が玄宮園と楽々園。2022年7月に約1年半ぶりに訪れました!それぞれ分けて紹介します。

関ヶ原の戦いの後に近江に入った“徳川四天王”の一人・井伊直政。当初は石田三成の居城『佐和山城』に入りましたが、敵将の居城であることを嫌い移転を計画。
そして築城されたのが彦根城。井伊直政はその完成を見ることなくこの世を去りますが、意志を継いだ子の井伊直勝(井伊直継)井伊直孝、家老・木俣守勝によって1623年(元和8年)に完成。

そこからおよそ50年後の1677年(延宝5年)頃、彦根藩四代目藩主・井伊直興の下屋敷として現在の楽々園の位置に建立された“槻御殿”の庭園として作庭されたのが玄宮園。当初は“御庭”(おんにわ)と呼ばれていました。

かつては琵琶湖の“松原内湖”が庭園のすぐ北側まで広がっていた水が豊かな場所で、それを活かした大規模な池泉回遊式庭園。いわゆる“大名庭園”と呼ばれる江戸時代の大庭園、東京都内(23区内)では比較的身近な存在だけれど関西では意外と少ない貴重な存在。

地元・近江国の“近江八景”を表現した庭園とされていて、その池泉は琵琶湖を、池の中に築かれた中島は竹生島を表したものも。作庭を指揮したのは彦根藩士の松本行右衛門と伝わります。
園路はところどころ起伏があって、景色の移り変わりを楽しみつつ、他ではあまり観られない・稀有な天守閣の池へのリフレクションも。

庭園の中央部のアイキャッチにもなっている和風建築、池にせり出しているのが“臨池閣”、築山の上にあるのが“鳳翔台”。かつて玄宮園内に4つ存在した茶屋のうちの2つ(涵虚亭・春鶯亭は現存せず)で、鳳翔台では現在も500円で一服いただくことができます。
庭園内の一番?高い場所にあり、江戸時代に定められた“玄宮園十勝”の一つでもある鳳翔台からは庭園内を一望できるだけでなく、佐和山?など周囲の山々の景観も眺められて、庭園をよりスケール大きく感じられる空間!

“臨池閣”は明治時代以降は井伊家の所有の下で料理旅館『八景亭』として営業。2017年11月をもって老朽化のために営業を終了し、今後はまず文化財修復に取り掛かる予定だそうですが、…ってことは数年前まではオーダーすれば中に入れたってことか〜気づいてなかった。

例年秋には庭園のライトアップも開催されています。ライトアップもいいけど、昼間の庭園にもぜひ訪れてみて!

>> 『錦秋の玄宮園ライトアップ2020』の様子はこちら。

(2014年12月、2015年3月、2016年5月、2018年12月、2022年7月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR琵琶湖線 彦根駅より徒歩15分

〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町9-3 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
玄宮園“錦秋の玄宮園ライトアップ”
玄宮園“錦秋の玄宮園ライトアップ”

玄宮園(玄宮楽々園)について 「玄宮園」(げんきゅうえん)は日本で5つの国宝の天守閣を持つ『彦根城』の城内に江戸時代に造られた大 …

楽々園(玄宮楽々園)
楽々園(玄宮楽々園)

玄宮楽々園/楽々園について 「楽々園」(らくらくえん)は日本で5つの国宝の天守閣を持つ『彦根城』の城内に江戸時代に造られた大名庭園で、隣接する『玄宮園』とともに『玄宮楽々園』(げん …

彦根城博物館(表御殿)庭園
彦根城博物館(表御殿)庭園

彦根城博物館(彦根城表御殿)庭園について 「彦根城」(ひこねじょう)は日本国内で5つのみの国宝天守を有する城郭のうちの一つ。江戸時代に多くの大老・老中を輩出した大名・井伊氏の居城で …

旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園
旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園

【期間限定公開】 国指定名勝。お浜御殿は江戸時代後期に琵琶湖畔に造営された彦根城主・井伊家の下屋敷。池泉回遊式庭園は琵琶湖の水を引き入れた汐入式になっているとのこと。近年まで井伊家の居 …