大覚寺(旧嵯峨御所)庭園Daigaku-ji Temple Garden, Kyoto

嵯峨天皇・後宇多法皇など皇室ゆかりの寺院に残る、国指定重要文化財の建造物や広大な石庭、池泉庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

旧嵯峨御所・大覚寺について

「旧嵯峨御所 大本山 大覚寺」(だいかくじ)は平安時代初期の天皇・嵯峨天皇の離宮『嵯峨院』をルーツとする寺院で、「大覚寺御所跡」として国指定史跡。国指定名勝の庭園は隣接する(というより境内の東部分に位置する)『大覚寺大沢池附名古曽滝跡』の方ですが、それとは別に宸殿(国重文)の前に広がる石庭や中庭などもきれいなのでこちらではその辺を紹介。

「大覚寺」は嵯峨上皇の没後の876年にとして創建。それ以来は皇室ゆかりの門跡寺院となり、鎌倉時代には後宇多天皇が出家し大覚寺にて法皇として院政を行ったため「嵯峨御所」と呼ばれたそう。現在も旧嵯峨御所と名称にも残ります。当時後宇多法皇に整備された伽藍はその後の火災などで残っていませんが、桃山時代に建立された“正寝殿”や江戸時代の“宸殿”などが国指定重要文化財、それら含め天皇家ゆかりの建造物も幾つか残ります。

主な建物で言うと。石庭に面している“宸殿“は江戸幕府2代目将軍・徳川秀忠の娘で後水尾天皇に嫁いだ東福門院和子が御殿として使用していた建造物で、後に後水尾天皇により下賜されたもの。
そして同じく石庭に面する“心経前殿“(御影堂)は大正時代の建造物で、大正天皇ご即位に際する式典で建てられた“饗宴殿”を移築したもの。前殿とある通りその先には“心経殿”という六角形のお堂があり、御影堂と比べると小さいのですが同じく大正時代の建築で国登録有形文化財。昭和初期の建築家・藤井厚二(『聴竹居』の作者というか自邸)により法隆寺の夢殿を模して建立。

“村雨の廊下“という渡り廊下や、国重文の“正寝殿“の前には苔や樹木が美しい中庭が広がります。そしてその先“霊明殿“(昭和初期の建造物で、大覚寺に移る前には『百草園』にあったそう)の方へ進むと、渡り廊下からは池泉回遊式庭園?の姿も。この池泉庭園に面して建つのが“庭湖館”という、江戸時代中期に大沢池畔に建てられた休憩所。
そしてそれと並ぶのが“秩父宮御殿”。現在は『国会前庭』となっている東京・霞ヶ関離宮内に大正時代に建てられた後、昭和年代に大覚寺へ移築。これらからは池泉庭園がよく眺められそうですが、いずれも通常非公開。それらの移築に伴って作庭されたものと思うと昭和年代に作庭されたものなのかなあ…。

大沢池に面して建つ「五大堂」は江戸時代中期の建造物で、大覚寺の本堂にあたるのはこの建物。『観月の夕べ』では大沢池を見下ろすこの“観月台”からの風景が美しいのだとか。
2019年は9月13日〜15日に『観月の夕べ』が行われたのち、10月には“正寝殿”内で後宇多法皇が院政を執られた間を再現した「御冠の間」の特別拝観、11月には『京都非公開文化財特別公開』の一環で通常非公開の“庭湖館”の特別公開、その後も紅葉ライトアップと秋に特別公開イベントが続きます。特に庭湖館の特別公開は気になる所…いずれも詳細は公式サイトを!

(2014年7月、2019年8月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR山陰本線 嵯峨嵐山駅より徒歩約15分
嵐電嵐山線 嵐山駅より徒歩20分
阪急嵐山線 嵐山駅より徒歩30分
最寄バス停は「大覚寺」バス停 下車すぐ

〒616-8411 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
大覚寺大沢池附名古曽滝跡
大覚寺大沢池附名古曽滝跡

大覚寺大沢池・名古曽滝跡について 「大覚寺大沢池附名古曽滝跡」(だいかくじおおさわいけ・なこそのたきあと)は平安時代初期の天皇・嵯峨天皇の離宮に作庭されたと伝わる庭園の遺構で、国指定名 …

天龍寺庭園
天龍寺庭園

国指定名勝、特別名勝。世界遺産「古都京都の文化財」に構成されている寺院。嵐山を借景とした池泉回遊式「曹源池庭園」の作庭は夢窓疎石。また前庭の枯山水庭園は曽根造園・曽根三郎さんが手 …

パンとエスプレッソと嵐山庭園
パンとエスプレッソと嵐山庭園

パンとエスプレッソと嵐山庭園について 「パンとエスプレッソと嵐山庭園」(ぱんとえすぷれっそとあらしやまえいえん)は『パンとエスプレッソと』が2019年7月に新たに京都・嵐山にオープンした …

大河内山荘庭園
大河内山荘庭園

俳優・大河内傳次郎の別荘地として造られた庭園。庭園敷地内からは嵐山、比叡山をのぞむことができる、借景の素晴らしい回遊式庭園。(2014年7月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各 …