菰野横山邸園Yokoyama Mansion Garden, Komono, Mie

伊勢国司・北畠家にも仕えた名家のお屋敷に作られた重森三玲による2つの石庭。江戸時代の古屋敷にはレストラン『ちそう菰野』も。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

菰野横山邸園・ちそう菰野について

【レストランは予約制】
「菰野横山邸園」(こものよこやまていえん)は伊勢国司・北畠家に仕え、江戸時代には中菰野の代官を務めた名家・横山家の江戸時代に建てられたお屋敷と、重森三玲の作庭による枯山水庭園。
2017年より、この歴史ある屋敷を活用したレストラン、アート・ギャラリー『ちそう菰野』がオープンしています。

*[訂正とお詫び]
当初の記事に【横山家の古屋敷が民間に委譲?され2017年に「ちそう菰野」がオープン】という文章がありましたが、こちらは誤りでした。屋敷や石庭含め現在も横山家の所有であり、庭園の名称も正式な名称の『菰野横山邸園』に訂正いたしました。以上の訂正と共に、深くお詫び申し上げます。

横山家は伊勢国司・北畠家に仕えたのち、永禄年間(室町時代末期)に菰野へ移住。江戸時代には菰野藩に仕えて当地の代官を務め、また明治時代に村長、大正時代には衆議院議員を務めた名家。
「菰野横山邸園」には江戸時代後期に建てられた母屋と蔵、そして明治時代に建てられた長屋といった古建築が残ります(その他、「ちそう菰野」の一部として利用されている離れは昭和年代の改修)。

「ちそう菰野」のオープンをきっかけに、これまで非公開だった作庭の枯山水庭園が見られるようになりました!前庭と中庭の2種類の石庭があり、表庭は御在所山の借景も素晴らしい!そして中庭はまた違う作風の直線的な(表庭と比べると実験的な)作品になっています。
これらの庭園の完成は昭和43年。重森三玲は同年にはお隣・岐阜県の『正眼寺庭園』も着手しています。

また庭園の奥にある茶室は『尽日庵』と言い、名古屋の表千家の茶家「吉田生風庵」の2代目・吉田紹敬宗匠による設計。内部は公開されておらず情報も無かったのですが、横山家の横山陽二様のサイトに写真が掲載されておりました。
※調べると「吉田生風庵」の5代目・吉田紹村が明治〜昭和年代の人物。それ以前の2代目による設計ということは…こちらの茶室も江戸や明治からの歴史ある茶室ということになりそう。

なお『ちそう菰野』でのお食事は完全予約制。詳しくは公式サイトや電話にて予約のお問い合わせを。

・・・・・・・
菰野町という、四日市からも少々離れていて自分も名前しか知らなかった場所にこんな素敵な場所があるとは…!お電話でご予約の状況を伺った際にはけっこう先まで埋まっててビックリ。
三重県に1箇所だけ重森三玲の庭園があるというのは氏の作品一覧を見ながら以前より気になっていたのですが――このような形で公開されることになったという情報に辿り着いた時はスマホ握りながら興奮したし、実際に足を運んでみて――素晴らしい庭園のみならず地元の良質な食材をふんだんに使ったお食事やアート・ギャラリーの展示も、とても素敵だった!東海圏のアート好きにぜひ足を運んでみてほしい場所。また行きたい!(けど人気が出てなかなか予約取りづらくなるんだろうな…!)

(2017年12月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

近鉄湯の山線 中菰野駅より徒歩6分

〒510-1233 三重県三重郡菰野町大字菰野2657 MAP