知覧麓庭園 佐多民子氏庭園Chiran-Fumoto Sata Tamiko's Garden, Minamikyushu, Kagoshima

国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定の“薩摩の小京都”知覧に残る国指定名勝『知覧麓庭園』の一つで、奇石/巨石と庭石が見所の枯山水庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

知覧武家屋敷 佐多民子氏庭園について

「佐多民子氏庭園」(さたたみこしていえん)は鹿児島県南九州市の“薩摩の小京都”知覧に残る江戸時代の武家屋敷に作庭された庭園群『知覧武家屋敷庭園』を構成する庭園の一つ。「知覧麓庭園」として国指定名勝。

国の重要伝統的建造物群保存地区の“薩摩の小京都”知覧武家屋敷通り。
江戸時代を通じて現在の鹿児島県+宮崎県の一部までに及んだ薩摩藩を治めた大名・島津家は、その広い領地を治めるために薩摩藩独自の制度「外城制」を導入。武士を鹿児島の城下町だけに集積させるのではなく、藩内の各地に「麓(ふもと)」と呼ばれる小さな城下町のような武家集落を形成させ住まわせました。その数は100以上(113)!

現在ではこの知覧のほかにも、『志布志麓』には国指定名勝の庭園群が、そして『出水麓』や『入来麓』が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。そんな「麓」の代表格と言えるのが知覧麓。江戸時代初期に薩摩藩二代目藩主・島津光久の子の島津久逵が入って以降の知覧領主は“知覧島津家”とも呼ばれたそう。

現在見られる武家屋敷通りの町並みはその2代後、薩摩藩主・島津継豊の子でもあり知覧島津氏に入った島津久峰が領主だった江戸時代中期に形作られたもの。国指定名勝の庭園のみならず、この知覧では母ヶ岳を借景とした約1kmにも及ぶ美しく刈り込まれた生垣・植込の街並みを見ることができます。

その武家屋敷通りの中心部に並ぶ3つの佐多家。かつての知覧領主の流れ“佐多氏”の流れをくむ家柄で、江戸時代には“御役人”と呼ばれる知覧の最高の役職を担う家の一つでした。

「⑤佐多民子氏庭園」は江戸時代中期の宝暦年間(1751年〜1764年)の作庭と伝わります。
庭門をくぐると、正面奥には鋭い岩を高い峯として見せる枯滝石組と、それを覆うように波を打った樹木の刈込。そして庭園手前には白砂が敷かれ、その中にはぺたんと砂の中に埋め込まれた船石や、「③平山亮一氏庭園」にもあった琉球庭園で盆栽を乗せるために置かれる切石などが配されています。かつての武士はこの切石の上に鉢を乗せて和歌を詠んだとか。

「鋭い峯」と「それを覆う刈込」という庭の構成は「①西郷恵一郎氏庭園」「②平山克己氏庭園」「④佐多美舟氏庭園」「⑥佐多直忠氏庭園」でも見られる知覧の庭園の特徴の一つ。

その中での佐多民子氏庭園の特徴は、唯一“母ヶ岳とは逆方向に石組を組んでいること”と“建築から伸びる飛び石の存在”。あと他と比べると手前の庭石を意図的に見せている感じ…建築の玄関も菱形のデザインを見せていたり、7つの中でも最も風雅にも感じる庭園。本当は足跡をつけずに縁側で鑑賞した感じだ…。

その他の7箇所の庭園については以下よりご覧ください。

(2013年2月、2017年12月、2022年1月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR指宿枕崎線 平川駅・喜入駅・指宿駅より路線バス「武家屋敷入口」「市役所」バス停下車 徒歩5分

〒897-0302 鹿児島県南九州市知覧町郡6110 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
知覧武家屋敷庭園
知覧武家屋敷庭園

知覧武家屋敷庭園について 「知覧武家屋敷庭園」(ちらんぶけやしきていえん)は鹿児島県南九州市・知覧に残る江戸時代の武家屋敷にかつて作庭された庭園群。“薩摩の小京都”とも呼ばれるかつ …

知覧麓庭園 佐多美舟氏庭園
知覧麓庭園 佐多美舟氏庭園

知覧武家屋敷 佐多美舟氏庭園について 国指定名勝。重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている「薩摩の小京都」知覧の武家屋敷群にはそれぞれ江戸時代に造られた庭園が残ります。 「佐多 …

知覧麓庭園 佐多直忠氏庭園
知覧麓庭園 佐多直忠氏庭園

知覧武家屋敷 佐多直忠氏庭園について 国指定名勝。重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている「薩摩の小京都」知覧の武家屋敷群にはそれぞれ江戸時代に造られた庭園が残ります。 「佐多 …

知覧麓庭園 森重堅氏庭園
知覧麓庭園 森重堅氏庭園

知覧武家屋敷 森重堅氏庭園について 国指定名勝。重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている「薩摩の小京都」知覧の武家屋敷群にはそれぞれ江戸時代に造られた庭園が残ります。 「森重堅 …