徳雲寺本堂Tokuun-ji Temple Garden, Kurume, Fukuoka

久留米藩初代藩主・有馬豊氏が創建した寺院に、地元出身の名建築家・菊竹清訓が昭和後期に手掛けた寺院建築。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

徳雲寺について

「円明山 徳雲寺」(とくうんじ)は久留米藩初代藩主・有馬豊氏により1623年(元和9年)に創建された寺院。久留米の特産品(織物)“久留米絣”の創始者・井上伝の墓所も残る歴史のある寺院ですが、その本堂は昭和を代表する建築家のひとり、菊竹清訓により手掛けられたもの。

以前お隣の『遍照院庭園』に訪れた際に「かっこいい本堂だなあ」と思っていたけど、後から菊竹清訓設計と知り!マジか、そうだったのか…。ということで2020年冬に西鉄久留米に訪れた際に遍照院とともに訪れました。
黒川紀章らとともに“メタボリズム”を提唱し、モダニズム建築を牽引したひとり・菊竹清訓は久留米市出身。池泉回遊式庭園のある『石橋美術館(現・久留米市美術館)』も氏の手掛けた建築。

この白亜の屋根が特徴的な本堂は1978年(昭和53年)に建立。なお、この本堂の裏手にある『徳雲寺納骨堂』もそれ以前の1965年に手掛けた菊竹建築であり、それも名作とされている(評価されている)みたい。ですが、『これより先は檀家以外立入禁止』の看板があったので、今回は遠くから眺めるだけに留めた…いつか縁あれば改めて見に訪れたいもの。検索すると過去に訪れた方の写真は見れます(逆にあまり本堂にはフォーカスされていない)。

お寺としても由緒あり、開山の回厳玄登和尚は、甲斐国(現・山梨県甲州市)の国指定名勝庭園のある『恵林寺』の住職を務め武田信玄とも関係の深かった快川紹喜和尚の高弟。
江戸時代中期の1754年(宝暦4年)、久留米藩で新たに課された新税“人別銀”への反発で起こった農民一揆“久留米大一揆”の際には当時の虎堂和尚が久留米藩7代目藩主・有馬頼徸に対して新税反対の上申をしたそう。

久留米の寺町はさほど観光化されていない(そもそも久留米があまり観光化されていない…?)けれど、歴史ある人物が関わっていたり、眠っていたりすることに訪れるたびに気づく。また次回久留米へ行く時も立ち寄りたい。

(2020年2月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

西鉄天神大牟田線 西鉄久留米駅から徒歩13分、櫛原駅から徒歩7分
西鉄久留米駅前にシェアサイクルあり

〒830-0014 福岡県久留米市寺町66 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
石橋文化センター庭園
石橋文化センター庭園

「石橋文化センター」はブリヂストン創業者によって開かれた文化施設で、池泉回遊式の日本庭園もあります。石橋美術館(※2016年より久留米市立美術館)も併設。 (2016年4月訪問。以下の情報は訪 …

遍照院庭園
遍照院庭園

遍照院庭園について 「遍照院」(へんしょういん)は久留米市中心部の寺町の中にある寺院。江戸時代中期の思想家で久留米で最期を遂げた「高山彦九郎」の墓所があるお寺として知られます。高山 …

皆生温泉 東光園
皆生温泉 東光園

菊竹清訓設計のホテル。建物の裏には大きな池泉庭園が広がり、屋上からは日本海も眺められます。(2016年8月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。) …

堺屋(旧木下家住宅)庭園
堺屋(旧木下家住宅)庭園

堺屋(旧木下家住宅)庭園について 堺屋こと「旧木下家住宅」(きゅうきのしたけじゅうたく)は国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれている八女福島の町並みに残る商家。明治時代に作られ …