盛岡市保護庭園の庭園

盛岡市保護庭園の庭園の記事が3件あります。

「盛岡の保護庭園」は盛岡市が独自に歴史的な庭園を選定し、保護する制度。現在7箇所ありますが、ほぼ常時公開されているのは『南昌荘』、『賜松園』の2箇所のみ。一覧は盛岡市の公式サイトよりご覧ください。

盛岡の保護庭園 一覧

南昌荘庭園

Nanshoso Garden, Morioka, Iwate

南昌荘庭園について 「南昌荘」(なんしょうそう)は盛岡の市街地にある明治時代の近代和風建築と池泉回遊式庭園。庭園は国の登録記念物(名勝地関係)に、建物は盛岡市の保存建造物に選ばれています。「盛岡の保護庭園」の代表格。2019年4月に訪れた際…

賜松園

Shisho-en Garden, Morioka, Iwate

盛岡市保護庭園。「賜松園」(ししょうえん)は盛岡市の中心部にある池泉回遊式庭園(現在は枯池式になっています)で、作庭年代は江戸時代中期頃とされています。 江戸時代は武家屋敷があった場所であり、その後盛岡藩で機織業の先駆者だった菊池金吾が取得…

一ノ倉邸庭園

Ichinokura-tei Garden, Morioka, Iwate

「一ノ倉邸庭園」(いちのくらていていえん)は盛岡市保護庭園の一つで、明治後期に盛岡出身の貴族院議員・阿部氏の別邸として造られたお屋敷と築山泉水回遊式の庭園。 現在は庭園に水が入っていませんが、東京から庭師を招いて造られたもので、かつては中島…