旧杉田定一別荘庭園Old Sugita Teiichi House's Garden, Awara, Fukui

“あわら温泉の大恩人”杉田定一(鶉山)へ地元有志が贈った大正時代の洋館と、住宅庭園の遺構。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

旧杉田定一別荘について

「旧杉田定一別荘」(きゅうすぎたていいちべっそう)はあわら温泉の発展に大きく貢献した明治時代の政治家・杉田定一が晩年を過ごしたという大正時代の洋館。現在は近隣の「あわらグランドホテル」の所有で、洋館の外観やその住宅庭園の遺構は自由に見学できます。

杉田定一(鶉山)は福井県出身者として初めて衆議院議長を務めたという明治時代の政治家で、西園寺公望内閣で衆議院議長を務めたほか、第1次大隈内閣では北海道庁長官を務めました。地元・福井県では“あわら温泉の大恩人”と呼ばれるきっかけである国鉄三国線の建設への私財投入や、九頭竜川などの治水工事にも私財を投じ、福井の発展に貢献。
この洋館は当時の地元有志によって大正時代に別荘として建築され、鶉山に寄贈。鶉山は晩年をこの別荘で過ごすこともあったそう。(ちなみに温泉街の舟津公園にも杉田定一の石像が立っています)

昭和に「あわらグランドホテル」の所有となり、現在の洋館は展示会などで利用されているそう。この日は見学できなかったけど…洋館でありながら唐破風っぽい玄関なのもかっこいいんだよな〜。
ちなみに――この洋館の向かいにある(有刺鉄線が張られている)唐破風&四層楼の建築も気になる…!高い塀から少し顔を出している石組…建築のみならずかっこいい滝石組なんかあるんじゃないでしょうかこれ…。

「関西の奥座敷」とも言われるあわら温泉の歴史は比較的浅く、明治時代の開湯。Googleマップで一帯を見ていると日本庭園を備えている宿泊施設が多いようで、これは当地が温泉が湧出するまではただの田園地帯で、風情に乏しいという課題への対策として庭園を作庭した施設が多かったから、とのこと。国指定名勝『東尋坊』『滝谷寺庭園』へのアクセスも便利――ということで、自分もこの後は久々に滝谷寺へ。

(2019年3月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

えちぜん鉄道三国芦原線 あわら湯のまち駅より徒歩4分

〒910-4103 福井県あわら市二面41-25-6 MAP