修学院離宮(上離宮)Shugakuin-Rikyu Imperial Villa Garden (Kami-rikyu), Kyoto

“桂離宮”と並ぶ、日本の皇室庭園の最高傑作。上離宮は京都の市街地と山々の絶景を楽しめる回遊式庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

修学院離宮(上離宮)について

【要事前予約】
「修学院離宮」(しゅうがくいんりきゅう)は江戸時代初期に後水尾上皇によって造営された離宮。『桂離宮』と並び、日本の皇室庭園・王朝庭園の最高傑作。
2019年10月に3度目の訪問、その時の写真を更新しました。なお先に言っておくと“個人の好み”では、より京都の山並みの風景が満喫できる修学院離宮の方が好きです。“山荘”らしい雰囲気が好きなんだろうなあ。

修学院離宮も郵送またはインターネットでの事前予約制ですが、
■京都の場合は京都御苑内の宮内庁事務所で対面で予約可能
■枠に空きがある場合は当日受付も可能
となっています。詳しい方法は宮内庁の公式サイトにて。これまで3度訪れましたが、3回とも事務所での受付で確保。約1時間半かけて宮内庁のガイドさんとともに庭園を回遊します。
2018年より有料となった桂離宮と違いこちらはまだ無料見学。この広大な名園の維持管理のためにこちらも早く有料化してほしい。

江戸時代初期の京都の庭園に欠かせない第108代目天皇・後水尾天皇。皇位を譲り上皇となった後の1639年に現在『圓通寺庭園』として国指定名勝となっている山荘「幡枝離宮」を造営。
幡枝離宮も比叡山の借景が美しくそれを最重要視して探し当てたそうですが、結果的にはそれで満足できなかったのかより比叡山に近い修学院の地に1655年(明暦元年)から離宮を造営。幡枝御殿へ出向くことはなくなり公家・近衛家に下賜。桂離宮に刺激を受け、その上で“山荘風”という自分の好みを突き詰めた後水尾上皇の渾身の傑作がこの『修学院離宮』です。

それにしても途中の田園地帯を含めてまあ広く、エリアとして受付のある下離宮から中離宮・そして最も高台に位置する上離宮という3つのエリアに分かれます。写真が選びきれないので下離宮・中離宮の紹介と、上離宮の紹介でエントリを分けています。

>> 中離宮・下離宮はこちら。

上離宮

■浴龍池・隣雲亭
中離宮から松並木の坂道をのぼり、“浴龍池”を中心とした上離宮へ。この離宮で最も高い位置にある御茶屋“隣雲亭”からは、眼下には浴龍池やその先の洛北の山々の風景を、そして左手の方には京都市街を一望できます。絶景。

■千歳橋・窮邃亭
そして池の周りを周遊。凝ったデザインの石橋“千歳橋”は江戸時代後期の光格天皇の時代に建てられたもの。そして浴龍池の中心部にあり池を一望できるもう一つの茶室“窮邃亭”へと至ります。

その先はこの池泉と山々の風景の変化を楽しみながら一周、山を下って総門へと戻ります。
またこの階段を登っている最中の大刈込、晩春にはサツキなどの花が咲くそう。次回はまたその辺の時期に訪れたいな。

(2013年3月、2018年3月、2019年10月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

叡山電鉄 修学院駅より徒歩15分
最寄りバス停は「修学院道(修学院離宮道)」バス停下車 徒歩10分

〒606-8052 京都府京都市左京区修学院藪添 MAP

近くまたは関連する庭園Nearby or Related Gardens
修学院離宮(下離宮・中離宮)
修学院離宮(下離宮・中離宮)

【要予約】 「修学院離宮」は江戸時代初期に後水尾上皇の命で造営された離宮。現在も宮内庁の管理で観覧には予約が必要(詳しくは …

桂離宮の紅葉(前編)
桂離宮の紅葉(前編)

秋の桂離宮について 【要事前予約】 「桂離宮」(かつらりきゅう)は『日本庭園の最高傑作』の名高い、江戸時代初期に皇族・八条宮家の別邸として造営された離宮。 広大な池泉回遊式庭園の …

曼殊院書院庭園
曼殊院書院庭園

国指定名勝。「曼殊院門跡」は平安時代前期からの歴史がある寺院で、江戸時代前期に当地に移転した際に造られたとされる広い枯山水庭園が見どこ …

禅華院庭園
禅華院庭園

【事前予約推奨】「禅華院」は修学院離宮のすぐ傍にある寺院で、特徴的な山門は修学院離宮の中御茶屋から移築されたもの。 道路や参道から苔がきれいな枯山水庭園(かつては池泉観賞式だった?) …