関口台公園Sekiguchidai Park, Bunkyo-ku, Tokyo

椿山荘や鳩山会館から程近く。マレーシア大使館の跡地に開かれた、台地の傾斜を活かした回遊式庭園風の公園。

この庭園のタグ:
庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

関口台公園について

「関口台公園」(せきぐちだいこうえん)は文京区立の公園。『ホテル椿山荘庭園』『鳩山会館』から程近くにあります。このエリアを地図アプリで見た時、この公園の“回遊式庭園っぽい池”の形が以前から気になっていて――この春に初めて訪問!なお現在関口台公園がある場所には以前マレーシア大使館があったそうで、その跡地に昭和46年に開園。

台地の斜面を活かしている回遊式庭園風の作りは、区立公園であっても以前の新江戸川公園や須藤公園や池田山公園…など、大名の江戸屋敷ルーツの庭園にはよく見られる姿の一つ。
なのでここもマレーシア大使館やそれ以前の何かの庭園の遺構って文章を以前どこかで見た気がするんだけど、今回改めて探すとその情報ソースは見つからず…気のせいだったのかなー。なので確証は無し。昭和46年以前の航空写真も探したけど耐え得る解像度のものが見つからなかった(笑)

池の前にはツツジ類が多く植わっており、6月初めに通り掛かった時にはサツキがきれいなピンク色だった(でもサツキ以外のツツジが見頃を迎える4月末〜5月が一番きれいだそう)。斜面にはモミジの植栽が多く、春も新緑がきれいだったけど秋にも美しそう!

関口台公園のある旧関口町は江戸時代中期以降には武家屋敷も置かれました。公園に隣接する「鳥尾坂」は、この付近に邸宅を構えていた陸軍中将・貴族院議員の鳥尾小弥太が私財を投じて作られたもので、それにちなんで地元の人々に名付けられたもの。なお鳥尾小弥太は長州藩・萩の出身。椿山荘から程近いこの地に邸宅があったのは同じ萩出身の山縣有朋との関係性によるものなのかな――と思ったら、Wikiには「山縣有朋と対立して陸軍を追われる」とある…まあそんな歴史的背景を想像するのも街歩きの楽しみということで。

(2019年4月・6月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

地下鉄東京メトロ有楽町線 護国寺駅より徒歩8分、江戸川橋駅より徒歩11分
東京メトロ丸の内線 茗荷谷駅より徒歩15分

〒112-0014 東京都文京区関口3丁目11 MAP