西教寺庭園Saikyo-ji Temple Garden, Mima, Tokushima

奈良時代から続く「美馬の寺町」の国登録文化財の寺院から眺める、借景の美しい枯山水庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

美馬の寺町・西教寺庭園について

2019年1月、初めて徳島県美馬市の庭園を巡りました。この「美馬の寺町」へ訪問した目的は徳島県指定名勝の四国最古の庭園「願勝寺庭園」でしたが、この地は国指定史跡「郡里廃寺跡」(奈良時代初期に建てられた徳島県最古の寺跡)を中心とした古くからの寺町で、「願勝寺」以外にも今回の「西教寺」と「安楽寺」は本堂・山門などの伽藍が国登録有形文化財となっています。

「西教寺」(さいきょうじ)は江戸時代初期に創建された寺院で、江戸時代後期に建てられた本堂と山門(薬医門)、そして昭和初期に建造された経蔵が国登録有形文化財。またそれぞれの前庭が砂紋がちゃんと描かれていて良い感じの石庭だなあ…と思って歩いていたら、本堂と客殿の間にも庭園が見えたので――チャイムを鳴らして見学を申し出たところ快くお受け頂けた。

本堂の裏にはある池泉鑑賞式庭園(現在は枯池)、枯山水庭園は昭和〜平成年代に造られたものだそうですが、池泉庭園の中心となっているマツの樹齢はもっと古くからのものとされます。
そして枯山水の石庭は作庭年代こそ新しいけど、客殿内の窓を額縁として眺めると借景には三頭山が――その木彫りのテーブルともマッチしていて素晴らしい!(このテーブルもこだわって選ばれたものだそうです)

・・・・・・・・
この「美馬の寺町」の最寄り駅はつるぎ市の貞光駅。超一級河川・吉野川を挟んでこの2つの自治体は隔てられていて、現在こそ大きな橋が架けられて行き来することが容易だけれど、かつては渡ることが容易じゃなかったから両自治体ともに「川に沿って」横に広がっているんだろうと思った。
…なお「橋によって行き来することが容易」と書きましたが、チャリで渡るとその圧倒的な河川の大きさに結構ビビります(笑)

写真の最期の2枚は同じく国登録有形文化財の「安楽寺」の本堂と山門。意外な場所にこんな大きな規模の寺町があることに驚いた!
ただいずれも四国八十八箇所霊場には含まれていません。四国の寺社仏閣巡りの穴場的な場所かもしれない?

(2019年1月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR徳島線 貞光駅より徒歩35分(途中、道の駅に1台のみ貸自転車あり)
阿波池田方面高速バス「美馬」バス停下車 徒歩約20分

〒771-2105 徳島県美馬市美馬町宮西13 MAP