龍雲寺庭園 無量寿庭・清浄庭Ryuun-ji Temple Garden, Hamamatsu, Shizuoka

北山安夫作庭による異なるタイプの日本庭園。書家・金澤翔子による“世界一大きい般若心経”等の作品も見所。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

龍雲寺庭園「無量寿庭」「清浄庭」について

「龍雲寺」(りゅううんじ)は浜松市の佐鳴湖の畔にある寺院。“平成の小堀遠州”とも称される北山安夫さんにより近年作庭された枯山水庭園「無量寿庭」と池泉回遊式庭園「清浄庭」や、書家・金澤翔子さんによる「世界一大きい般若心経」を拝観することができます。

龍雲寺の創建は南北朝時代。開基は後二条天皇の孫である木寺宮康仁親王とされます。京都から東国へ下った康仁親王は龍雲寺付近に館を建立し、以来現在の浜松市入野の地域は龍雲寺を中心に繁栄していたそう。
やがて戦国時代を迎えると、この遠江国も徳川家康と甲斐国・武田信玄による三方原の戦いの戦場に。この龍雲寺は甲斐の『恵林寺』と縁深かったため武田側の味方をした結果、合戦後に徳川勢に攻められて焼失することに。

その後江戸元禄期に再興。現在の本堂はその当時に作られたものとのこと――と言っても浜松は江戸時代の建物とかが残ってる印象が薄いので――当時作られた建物を活かしながら現代に入って改修は経ているのだろうけど。
また御本尊の阿弥陀如来坐像は平安時代後期の作とされ、浜松市指定の文化財となっています。

本堂の前後に京都『建仁寺』の「潮音庭」も手掛けられた北山安夫さんによって作庭された庭園があります。
昭和の小堀遠州がこの静岡県西部出身の中根金作さんならば、平成の小堀遠州と評される?のが北山安夫さん。まずは前庭の枯山水庭園「無量寿庭」。龍を表現した石組に大海を現した白砂に浮かぶ亀島。その奥には浜松ではあまり見掛けない、苔による築山と蓬莱山の姿も。
そして本堂の裏にあるのが「清浄庭」。こちらは15mの高さの滝が圧巻!な池泉回遊式庭園。

裏庭から、『地獄極楽図』という十六の絵図が展示された廊下を寺務所?の方へと進んでいくと、その先には書家・金澤翔子さんによる『世界一大きい般若心経』が。金澤翔子さんと縁深いお寺さんだそうで、それ以外にも金澤翔子さんから奉納された作品が展示。御朱印も取り置きのものですが金澤翔子さんデザインのものがあるとのこと。…余談ですが訪れたのが4月1日。「令和」が発表された時間の前後だったのですが、その夜にニュース番組に金澤翔子さんが登場され「令和」と書かれておりました。
※また通常公開はされていませんが、白隠禅師の書画や伊藤若冲、横山大観、狩野派絵師による絵画も所蔵しているそう。

実は中の人は佐鳴湖のすぐ近くに幼少期を過ごした家がありました(今はもうない)。そのすぐ近くの御前谷川という桜並木が美しい川があり――数年に一度、春に帰省した時に観に行っています。
御前谷川の名前の由来となっているのは、この地で家康の家臣によって殺された徳川家康の正室・築山御前。その事についてはこの辺の記事が詳しいのですが、今はただの住宅街だけど(といっても弥生時代の古墳「蜆塚遺跡」も近くにあるけどw)、歴史がある地域だったんだなあ。
このお寺のことは知らなかったけど、また年を重ねて庭園も味が出てくると思うので。今後も時々足を運びたい。駅からは少々離れていてバスに乗る必要があるけど、浜松の観光案内には載らなさそうな…穴場の寺社仏閣かも?

(2019年4月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR浜松駅より路線バス「矢田坂」バス停下車 徒歩3分
JR東海道新幹線 浜松駅より約4.5km(最近は駅周辺にレンタサイクルあり?)
JR東海道本線 高塚駅より約2km(徒歩25分)
※さわやか浜松高塚店から徒歩30分

〒432-8061 静岡県浜松市西区入野町4702-14 MAP