旧木村家住宅(旧木村浅七邸)庭園Former Kimura Asashichi House's Garden, Ashikaga, Tochigi

足利市長も務めた名誉市民・木村浅七の暮らした明治時代の和洋折衷の近代建築と庭園。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

旧木村家住宅(旧木村浅七邸)について

【通常非公開?】
「旧木村家住宅」(きゅうきむらけじゅうたく)は足利市長も務め足利市の名誉市民となっている「木村浅七」氏の暮らした邸宅で、明治時代の建築。外からはレンガ造りの外壁と蔵が特徴的で、お庭も石燈籠やツツジの植栽、飛び石などは和風な一方で芝生の中央にある煉瓦で周囲を固めた井戸の作り方は洋風と、全体的に和洋折衷な近代建築。

木村家は江戸時代後期に織物業を始め、初代と二代目の木村浅七によって明治時代以降に成長、昭和初期には個人企業としては国内最大規模を誇ったそう。木村家住宅の隣にある「旧木村輸出織物工場」も明治時代の建築。織物業で栄えた足利の中でも最も古い近代工場の一つと旧事務所等も県内でも有数の近代洋風建築ということで栃木県指定有形文化財になっています。

今回いずれも「足利の文化財一斉公開」で見学。現在、旧事務所等は木村浅七工場に関連した織物史料等を展示する「足利織物記念館」として利用されており、旧工場は現在この地にある足利市の「助戸公民館」のホール棟として、旧木村家住宅は住宅棟としてイベント等で利用可能なようです(お茶会なども開かれているよう)。
通常非公開としたけど、公民館の方に言えば見学できたりするかも…?推測で言ってるので、公民館の方へ問合せを。庭園はツツジが多く植わっているので(秋はドウダンツツジがきれいだった!)、晩春とかもきれいそう。

(2018年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR両毛線 足利駅より徒歩15分
東武東上線 足利市駅より徒歩30分(観光案内所にレンタサイクルあり)
足利駅・足利市駅より路線バス「助戸一丁目」バス停下車 徒歩2分

〒326-0043 栃木県足利市助戸仲町453-2 MAP