出水麓武家屋敷 武宮邸庭園

Izumifumoto Samurai House Takemiya-tei Garden, Izumi, Kagoshima

国の重要伝統的建造物群保存地区・出水麓武家屋敷群に残る、格式高い武家屋敷の枯山水庭園。

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

出水麓 武宮邸庭園について

「武宮邸」(たけみやてい)は国のである出水麓武家屋敷群の公開武家屋敷の一つで、「税所邸」、「竹添邸」のすぐ近く。
武宮氏が出水麓に移り住んだのは安土桃山時代。先の2箇所と同様に「御仮屋」(麓の中心となる屋敷)からも近くに位置し、江戸時代には出水麓で要職を務めた家系。現在公開されているのは庭園のみですが、以前は屋敷を公開していたこともあったそうで、写真で見る限り意匠からも格式の高さを感じます。

江戸時代、薩摩藩は「外城制」という制度により多くの武士を鹿児島のではなく薩摩藩領内の各地に住まわせ、各地の城の麓に小さな城下町のような武家集落を形成させていました。その数は100以上に及んだとか。
それらの集落を「麓(ふもと)」と呼ぶようになり、現在では知覧麓、志布志麓の庭園群がに、知覧麓、入来麓、そしてこの出水麓は武家集落の雰囲気を色濃く残すことから重伝建に選定されています。
中でも「出水麓」(いずみふもと)は肥後国と隣接しているため最も古く最大規模をほこるとのこと。知覧麓志布志麓に庭園群があるのだから、他の麓にも庭園群があってもおかしくないはず――そんな思いで初めて出水麓へ。

「武宮邸」の庭園は、刈込みを中心とした植栽の種類や石の配し方は「税所邸」「竹添邸」の武家屋敷と比べても凝っていると感じる一方、生垣により順路を遮っている仕掛けなんかはやはり防衛上の理由なのかなと思ったり。…ただ他の2箇所と比べても案内資料に記述がなく詳細は不明。

期待通り出水麓の武家屋敷にも「庭園」空間が残っていましたが、出水麓の庭園は知覧や志布志ほどの芸術性は無いかもしれません。その背景として、肥後国との国境にある出水麓は歴史上激戦区であり武家屋敷やその庭園にもより武道や戦略上の意味が込められていたから、と説明を受けました。より戦闘に備える為に実用的に造られた庭――というのもまた興味深い。

(2018年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR九州新幹線・肥薩おれんじ鉄道 出水駅より徒歩約25分(駅にレンタサイクルあり)

〒899-0204 鹿児島県出水市麓町8-25 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。