いわき回廊美術館Snake Museum of Contemporary Art (SMoCA), Iwaki, Fukushima

東日本大震災後、現代芸術家・蔡國強と地元いわき市の方が造った野外美術館と未来へ残したい桜の名所。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

いわき回廊美術館(SMoCA)について

「いわき回廊美術館」は世界的に有名な現代芸術家・蔡國強(ツァイ・グオチャン)によってデザインが手掛けられ、2013年にオープンした屋外美術館。東日本大震災及び東京電力福島第1原発事故の後にはじまった「いわき万本桜プロジェクト」との共同制作であり、美術館として開かれている一帯には桜9万9千本の植樹を目指し現在も活動は進められています。

日本でも作品を見る機会が多い蔡國強ですが、個人的に作品を初めて見たのは直島のベネッセアートサイトにある『文化大混浴』。
ヴェネチア・ビエンナーレを始めとする世界的な芸術賞を受賞し、北京オリンピック開会式でのアート・ディレクターを務めた氏がかつていわき市に滞在していたことはこの美術館によって知りました。(考えてみると直島の『文化大混浴』の石組も日本の枯山水庭園からの影響を感じられる気もする)

空に登っていく龍をイメージした――というその回廊美術館の別名は『Snake Museum of Contemporary Art(SMoCA)』(スモカ)。回廊には地元のアーティストや学生の作品が展示されており――アート作品と言うべきかわからない作品も、そこに込められたメッセージはエモいものを感じざるを得ない。

そしてその頂上にはいわき市の田園を一望できるツリーブランコがあります。思わず飛び出したくなるロケーション――(ですが、それは危険とたしか注意書きがあったような…(笑))。
また頂上には「龍骨(廃船)」という作品があります。これは1990年代、いわき市立美術館で開催された蔡国強の個展でも展示されていたといういわきにゆかりある作品で、20年の時を経てこの回廊美術館に移築。
⇒【参考】時のゆくえ 蔡國強といわきの物語 | 日々の新聞

またこの地には鎌倉時代〜戦国時代にかけて「座主館(神谷館)」という中世の城郭が建っていたそう。「庭園」ではないけど、いわきへ行ったら訪れたい素敵な場所です。この時は秋の訪問だったのであまり見頃な花はなかったけど、今は春には桜のみならず菜の花も美しい。

(2016年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR常磐線 草野駅より徒歩30分
いわき駅より路線バス「中神谷」バス停より徒歩12分、「いわき支援学校」バス停より徒歩約15分

〒970-8021 福島県いわき市平中神谷地曾作7 MAP