旧池田氏庭園Former Ikeda-shi Garden, Daisen, Akita

東北三大地主「池田氏」の邸宅として造られた洋館と、紅葉が溶け込む長岡安平作庭の池泉回遊式庭園。国指定名勝。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

旧池田氏庭園(本家庭園)について

【期間限定公開】
「旧池田氏庭園」(きゅういけだしていえん)は、東北三大地主にも数えられる池田氏の本家の庭園で、作庭は明治〜大正期を代表する造園家・長岡安平によるもの。3km程離れた「分家庭園」と併せて国指定名勝。

池田氏は当地で村長なども務めた旧家で、秋田県では秋田市の千秋公園(秋田城址公園)を手掛けていた長岡安平に設計を依頼し、明治時代〜大正時代にかけて造営。

仙北平野の田んぼが広がるその中心に、ポツンと…というかドカンと出現する、周囲から見てもどっ広いな敷地を誇る庭園で、奥羽山脈系の真昼山地を借景とする庭園から始まり、大正期に造られた米蔵・味噌蔵などの各種蔵を眺めながら最後は冒頭の洋館を借景とした池泉式庭園へ至る回遊式庭園。

中でもこの庭園のハイライトとも言えるのは日本最大級と言われる雪見灯籠(これほんとに大きいです)と、大正時代の洋館。国指定重要文化財にもなった「旧池田氏住宅洋館」は秋田県最初の鉄筋コンクリート建築だそう。また、秋には紅葉が美しい庭園ですが、初夏には花菖蒲が美しい庭園でもあります(初夏は写真でしか見たことないけど…)。

・・・・・・・
以前は一年のうち晩春・夏(大曲の花火の期間)、そして秋とそれぞれ数日間だけ特別公開される庭園でしたが、2018年から春季〜秋季までは通して公開されるようになりました!そして2018年秋、どーしても紅葉期の池田氏庭園が観たくなって3年ぶりに大曲へ…。紅葉の色づきが遅いと言われた2018年だったけど、秋田の紅葉は11月の第2週にはもう散っている真っ最中でした。

また池田氏庭園では初夏や秋にはライトアップイベントも開催されています。洋館×日本庭園の組み合わせとしては国内上位のロケーションだと思うのです。こういった場所が地域の宝物として、地元の方にも愛され、そして観光名所にもなって欲しいなと思える場所です。

年度ごとの公開情報期間は公式サイトにてご確認ください。また、その他の「」の庭園は以下より。

齋藤氏庭園(宮城県石巻市)

本間氏別邸庭園(鶴舞園)(山形県酒田市)

(2015年9月、2018年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス / Access

JR秋田新幹線 大曲駅より約3.5km(※2度目訪れた2018年には駅でレンタサイクルができるように!)
大曲バスターミナルより路線バス「仙北支所前」バス停から東南へ徒歩15分、「金堀」バス停下車徒歩7分(いずれも本数は多くないので組合せで)→羽後交通

〒014-0805 秋田県大仙市高梨大嶋1 MAP