花巻温泉 ホテル花巻庭園

Hanamaki Onsen Hotel Hanamaki Garden, Hanamaki, Iwate

“金田一財閥”が目指した“東北の宝塚”花巻温泉郷。昭和/平成を代表する造園家・中島健が作庭した枯山水庭園群のひとつはこの枯山水カッコいいオブザイヤー候補の1つ…

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

花巻温泉 ホテル花巻庭園について

「花巻温泉 ホテル花巻」(はなまきおんせん ほてるはなまき)は岩手県花巻市の“花巻温泉郷”の温泉リゾート・ホテル。ロビーから眺められる庭園は昭和〜平成の日本を代表する造園家のひとり・中島健の作庭。先に紹介した『紅葉館庭園』とは姉妹庭園的な庭園。

宮沢賢治が生まれ育った街、そして近年では菊池雄星選手、大谷翔平選手とプロ野球〜メジャーリーガーを輩出した花巻東高校で知られる花巻。中心市街地から離れた山間部にはさまざまな温泉宿のある温泉郷でもあります。

その中の温泉街の一つが市街地から花巻東高校を経由して約8kmの場所にある「花巻温泉」。その歴史は古く、ちょうど100年前の1923年(大正12年)に“金田一財閥”金田一国士《花巻に宝塚に匹敵するリゾート地を建設する》という計画/想いの下で創業。創業の4年後には大阪毎日新聞と東京日日新聞主催の「日本新八景」で200万票を獲得し全国1位に。

当時はこの温泉へと通ずる鉄道・花巻電鉄も開業し、昭和天皇をはじめとする皇族、斎藤實高橋是清後藤新平といった首相〜大臣クラスの政治家、与謝野鉄幹与謝野晶子夫妻、高浜虚子九条武子といった文人/歌人など多くの著名人が訪れる温泉リゾート地へと成長しました。この『ホテル紅葉館』の向かいのバラ園(宮沢賢治ゆかりの花壇も)に皇族が宿泊された高級旅館『旧松雲閣別館』()が残ります。

現在は、かつて存在した旅館の名前を引き継ぐ『ホテル紅葉館』『ホテル千秋閣』とそれらを結ぶ『ホテル花巻』、そして『佳松園』の4軒のホテル/旅館があり、そのうち紅葉館・千秋閣・ホテル花巻は連絡通路で繋がり3軒の湯めぐりを楽しむことができます。

『ホテル紅葉館』とほぼ同じような外観の「ホテル花巻」の開業は紅葉館より5年早く1974年(昭和49年)で、お兄さん的な存在。同じように広々としたレトロなロビーからは本格的な枯山水庭園を鑑賞することができます。
作庭は。国内では『吉田茂邸』など総理大臣の邸宅、海外でも多くの日本庭園を残されている人物。東北では『ホテル松島一の坊』の庭園が氏の作品で、前述の庭園や『なばなの里』などどちらか言うと池泉のある巨大な庭園を多く手掛けられている氏としては比較的小規模な庭園。

ただ強調したいのは、小さいからダメという話ではなくて。
この枯山水庭園も、めちゃくちゃかっこいい。

中島健さんの枯山水庭園というと東京・御嶽の『玉堂美術館』の庭園も名作ですが、このホテル花巻の庭園もただ白砂が敷かれた枯山水ではなく、低地と台地のある石庭。そしてその台地部に飛び石があり、普段は歩くことはできませんがウェディング等で利用される際には花道にもなるみたい。
枯山水として非常にカッコいい——のですが、おそらく紅葉館と同じく実は本来は池泉庭園だったのかも(だから低地と高地があるのかも)。中島健さん的な浄土庭園への昭和(当時の現代)からのアプローチ——

ちなみにホテルの3階屋上部(出られません)にもまた印象的な菱形のサツキの刈込が植栽されていて。上層階の客室の方向けの景観にも工夫が施されているのも面白い!

ちなみにこの花巻温泉の前史として、花巻温泉の更に奥にある「台温泉」のランドスケープは近代日本を代表する造園家のひとり・が設計に関与。また一帯にある『釜淵の滝』は『イーハトーブの風景地』に構成されるです。ランドスケープ好きな方にこそ足を運んで欲しい温泉地!

(2023年9月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR東北本線 花巻駅より路線バス「花巻温泉」バス停下車 徒歩4分

〒025-0304 岩手県花巻市湯本1-125 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。