豊國神社庭園 秀石庭Hokoku Shrine's Rock Garden "Shuseki-tei", Osaka

大阪城内・豊臣秀吉を祀る神社に造られた枯山水の石庭。重森三玲晩年の作。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

「豊國神社」(ほうこくじんじゃ)は大阪城内にある、豊臣秀吉及び豊臣氏を祀る神社。境内には秀吉公の銅像が立ちます。本殿に沿って進んだ場所に、昭和年代に重森三玲によって作庭された枯山水庭園「秀石庭」(しゅうせきてい)があります。

これまで何度か訪問し鑑賞。基本的に庭園入口の柵は閉ざされていますが、塀が低いので周囲から眺めることができます。場所的にも最も気軽に…というと語弊あるかもだけど、ライトに見学できる重森庭園――なんだけど実際豊國神社へ行くとあまり秀石庭まで来る人は居ない印象。

重森三玲晩年の作品であり、巨石による石組はその頃よく見られる作風ではありつつ――大坂城は元々(戦国時代に一大勢力を築き、その後織田信長に滅ぼされたことで知られる)石山本願寺があった場所に造られたことから、「石山」をテーマに組まれた石庭になっているとのこと。また観賞用の石舞台(入れないけど柵越しに見えます)は秀吉愛用の馬印瓢箪を模様を描いていて、秀吉・石山から一文字づつとって「秀石庭」と名付けられたそうです。

冬・晩春・夏とこれまで色んな時期・天気の時に訪れましたが、やはり石組が一番の見どころなのでどの季節に見てもグッと来るものがある。蓬莱山に神々しさが宿っているというか――エモい。次は春や晩秋にも訪れてみたいな。

また大阪城内には本丸に紀州御殿の庭園として造られた池泉回遊式の日本庭園もあります(⇒こちら)。

(2014年9月、2016年5月、2017年2月、2018年9月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR大阪環状線・地下鉄長堀鶴見緑地線 森ノ宮駅より徒歩15分
地下鉄谷町線 谷町四丁目駅より徒歩15分
その他、天満橋駅、大阪城公園駅から徒歩20〜25分程

〒540-0002 大阪市中央区大阪城2-1 MAP