グランマーブル祇園 / 祇園ちから

Gran Marble Gion Garden, Kyoto

人気のマーブルデニッシュ専門店は、前身の料亭時代の苔の美しい坪庭も◎。名和晃平/SANDWICHがデザイン監修のカフェは現代アート好きにオススメ!

庭園フォトギャラリーGarden Photo Gallery

グランマーブル祇園 / 祇園ちからについて

「GRAND MARBLE(グランマーブル)祇園」(ぐらんまーぶるぎおん)は京都発のマーブルデニッシュ専門店『GRAND MARBLE』が京都の代表的な観光地の一つ・祇園の花見小路沿いに構える直営店。元は料亭だったというの奥にはその時代の苔の美しい坪庭が残ります。また2階の『カフェ&シャンパーニュ 祇園ちから』の内装設計&アートディレクションは現代芸術家・名和晃平が主宰のSANDWICHが担当。

1996年に京都で創業し現在では海外にも店舗も構え、贈り物としても人気の『GRAND MARBLE』さんが2014年にオープンした祇園店。1階では通常の各種マーブルデニッシュのほかにも、完全予約制の最高級デニッシュ「マーブルデニッシュ翠」をはじめ祇園店限定のメニューが並びます。

内装はスタイリッシュな和モダンな雰囲気にリノベーションされていますが、店舗の前の石畳・前庭や奥にある坪庭は料理店時代の伝統的な面影を残すお庭。このお庭を眺めながら商品の出来上がりを待つこともできます。(また通常非公開ですが奥には茶室も。)

そして2階の『カフェ&シャンパーニュ 祇園ちから』はスイーツ好きは勿論、現代アート好きにぜひ訪れて欲しい空間!2018年にオープンし、2023年に再オープンしたこちらはは京都を拠点とする現代芸術家・名和晃平/SANDWICHが内装デザインやアートディレクションを担当。

名和晃平“PixCell”シリーズの作品や、清川あさみ、山本聖子、児玉真人といった人気作家の作品が並びます。またグランマーブルのブランドロゴ《松樹千年翠》を名和晃平さんによって仕上げられたレリーフを展示。
また印象的な楕円形のカウンターテーブルもSANDWICHによるオリジナルのデザイン。斬新でありながらもイノベーティブな料亭のような雰囲気を醸します。

食の方はマーブルデニッシュをアレンジしたメニューをはじめ、こだわりのモンブランやパフェ、そして京都の名店「Bar K6」のマスターバーテンダー・西田稔さん監修のシャンパーニュなども。食とアートと空間、それぞれ楽しんでみて。

(2023年12月、2024年1月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

京阪電車 祇園四条駅より徒歩4分
阪急京都線 京都河原町駅より徒歩7分
最寄りバス停は「祇園」バス停 下車徒歩2分

〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570-238 MAP

投稿者プロフィール

イトウマサトシ
イトウマサトシ
Instagram約9万フォロワーの日本庭園メディア『おにわさん』中の人。これまで足を運んで紹介した庭園の数は1,900以上。執筆・お仕事のご依頼も受け付けています!ご連絡はSNSのDMよりお願いいたします。
PICK UP / COLUMN
最新の庭園情報は約10万人がフォローする
【おにわさん】のSNSから。