物外軒庭園Butsugaiken Garden, Ashikaga, Tochigi

足利の国登録名勝庭園のうち、最も街の中心に近い池泉回遊式の茶庭。秋には紅葉の名所に。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

物外軒庭園・茶室について

【期間限定公開】
「物外軒庭園」(ぶつがいけんていえん)は足利市に3つある国登録記念物(名勝地)のうち1つで、例年4月・5月、10月・11月の土日祝日のみ公開されています。これまで2回とも11月に訪れましたが、11月後半に訪れた2度目の訪問では庭園内のモミジが紅く染まりきっていて――秋に公開期間が設けられていることに納得!春には新緑のモミジがまた美しい。

「物外軒」は足利で江戸時代から昭和初期にかけて廻船問屋として財を成した豪商・長四郎三(ちょう・しろぞう。声に出して読みたい)の渡良瀬川沿いの邸宅に造られた茶室。表千家流の茶室は“国内を代表する古筆鑑定家・古筆了仲の指導を受けた”――とされていますが、古筆了仲自身は江戸時代中期の人物なので写しとなる茶室があるということかな。
また茶室の内露地にあるつくばいは、太田道灌の建てた江戸城・富士見亭の礎石を用いたものとも伝えられています。

その後所有者が移り、現在地に移築されたのが明治時代後期。現在の池泉式庭園はその時代に造られたものとされ、茶室から鑑賞することを想定して造られたものにも思えるけど、実際は回遊できる程広いので回遊式としています。一方で飛び石の特徴はあくまで茶庭という風情。

冒頭に書いた足利市に3つある国登録名勝の庭園で、足利市の中心部から最も近いのはこの庭園――なのでこの庭園が「足利の庭園」を鑑賞する時のスタンダートになる――と思いきや、足利の庭園って全部タイプが違うんだよなーというのが何箇所も見てわかったこと(笑)
一方でまだまだ見ていない(公開されていない)庭園が足利にはあるようです。今後も秋の「足利文化財一斉公開」は足を運びたい!

(2017年11月、2018年11月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR両毛線 足利駅より徒歩約20分
東武伊勢崎線 足利市駅より徒歩約20分
足利駅または足利市駅より路線バス「通六丁目」バス停下車 徒歩2分
※JR足利駅近くの観光案内施設にてレンタサイクルあり

〒326-0814 栃木県足利市通6丁目3165番地 MAP