旧赤穂城庭園 本丸庭園Ako Castle Honmaru Garden, Ako, Hyogo

『忠臣蔵』ゆかりの街の、日本100名城の本丸に残る池泉鑑賞式庭園。国指定名勝。

庭園ギャラリーGarden Photo Gallery

旧赤穂城本丸庭園について

。「赤穂城」(あこうじょう)は『忠臣蔵』で有名な赤穂浪士の町・播州赤穂に残る江戸時代初期に造られた城郭で、日本100名城および日本の歴史公園100選に選ばれています。

「旧赤穂城本丸庭園」は赤穂城と同時、江戸時代初期に城主・浅野氏の指示により造られた庭園で、本丸御殿から眺めるゆるやかな築山の池泉鑑賞式庭園。その後浅野氏は有名な切りつけ事件で切腹・断絶となり、その後城主となった森氏により江戸時代後期に庭園も一部改修されたとのこと。

色んな大名庭園があるけど、本丸にこうした池泉庭園があるのは実はあまり見ない気がする。天守台からは工場なども見えますが、作庭当時は瀬戸内海の景色が楽しめる海城だったそうです。山をのぞむ借景も良い。

本丸の門を出たところからすぐにある「二之丸庭園」も現在整備が続けられており、2016年12月から一部一般公開が始まりました(2つ併せての国指定名勝なので最初は1エントリにしていましたが、画像が多くなったので別エントリとしました!)。また城内に残る、忠臣蔵の中心人物・大石良雄の旧宅跡(大石神社内)でも庭園が見られます。

(2017年1月、2018年8月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス・住所 / Locations

JR赤穂線 播州赤穂駅より徒歩20分(駅の観光案内所及び駅前にレンタサイクルあり)

〒678-0235 赤穂市上仮屋1424-1 MAP