伊江殿内庭園 / Iedunchi Garden, Naha, Okinawa

地域:九州地方の庭園 沖縄県の庭園 タグ:

国指定名勝。「伊江殿内庭園」(「いえどぅんち」と読みます)は、琉球王家の上級家臣・伊江氏の居館に造られた庭園で、別名「巣雲園」。一般公開はされていませんが道端から眺めることができます。
首里城の麓、円覚寺の総門からは徒歩5分ほどの距離。「首里城書院・鎖之間庭園」と似た大きな琉球石灰岩を用いた琉球様式の庭園で、日本の江戸時代中期までには作庭されていたとされます。
一見枯山水庭園と思いきや、よく見ると岩の手前に池泉の遺構が。公開用にきれいに整備はされていないため、草によって見えない部分や岩組にもブルーシートが被さっている所も(雨風による浸食が進んでいる所なのかも)。せめて草の少なくなるであろう冬~春が見頃かもしれません…。
なお那覇市内には「伊江御殿別邸庭園」という同じ伊江氏によるもう一つの国名勝庭園がありますが、そちらも非公開。那覇市のサイトによると「2015年1月現在整備中」となっていますが、2018年6月に問合せた際もまだ公開には至っていないとのことでした。
(2014年7月、2018年6月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス / Access

ゆいレール 首里駅から徒歩約10分

〒903-0812 沖縄県那覇市首里当蔵町2丁目 MAP

シェアする: