旧臼杵藩主稲葉家下屋敷庭園 / Kyu-Inaba Residence’s Garden, Usuki, Oita

地域:九州地方の庭園 大分県の庭園 タグ:

臼杵は江戸時代には臼杵藩の城下町。江戸時代に臼杵藩を治めたのが稲葉氏で、廃藩置県で稲葉氏が藩主の任を解かれ東京へ戻った後、臼杵での滞在用に造られたのがこの「旧臼杵藩主稲葉家下屋敷」(なので江戸時代の武家屋敷ではなく明治時代の建築)。
屋敷から門から、色んな建物が国登録有形文化財。庭園を通じていく離れには江戸時代の臼杵藩武家屋敷「旧平井家住宅」も。
・・・・・・・
ちなみに臼杵には「春光園」という元武家屋敷の料亭・旅館があり、そこには小堀遠州が作ったとされる庭園があると。この春光園と「月桂寺」「香林寺」が臼杵三大庭園と呼ばれたそうです(by臼杵市の文化財チーム)。今回はいずれも立ち寄っていないのでまた次回…。
(2017年12月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス / Access

JR日豊本線 臼杵駅より徒歩13分(駅前にレンタサイクルあり)
臼杵駅前より路線バス「辻口」バス停より徒歩2分(または循環バス「観光交流プラザ」バス停)

シェアする: