九條邸跡庭園(拾翠亭)/ Kujo-tei Ruins Garden (Shusuitei), Kyoto

地域:京都府の庭園 洛中の庭園 近畿・関西地方の庭園 タグ:

京都御苑の一番南側にある茶室「拾翠亭」は、日本を代表する公家だった「九条家」の邸宅の遺構(茶室)。
平安時代に栄華を誇った藤原氏をルーツに持ち、「五摂家」のひとつだった九条氏は平安時代後期以降、摂政・関白といった要職も多く輩出。この「拾翠亭」は江戸時代後期の建築とされ、九条氏跡として残る唯一の建物。
茶室からのぞむ「九條池」と呼ばれる池泉回遊式庭園の遺構は自由に歩くことができますが、拾翠亭そのものは木〜土曜日と週3日のみの公開なので行かれる方は曜日に注意を!
また一部の平屋建ての建物が現在東京国立博物館(トーハク)内に移築され、「九条館」という名で公開されています。
>>東京国立博物館の庭園記事はこちら
(2018年3月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス / Access

京都市営地下鉄 丸太町駅より徒歩4分
京阪本線 神宮丸太町駅より徒歩12分
その他、市バスについてはググってみてください!

シェアする: