円覚寺跡・円鑑池・龍潭 / Enkaku-ji Temple Ruins & Ryutan, Naha, Okinawa

地域:九州地方の庭園 沖縄県の庭園 タグ:

琉球を代表する城郭であり世界遺産の「首里城」の麓にある関連史跡が「円覚寺跡」「円鑑池」「龍潭」。
「円覚寺」は琉球王家・尚氏の菩提寺として鎌倉の円覚寺を模して室町期に創建されたもの。寺院の建物は沖縄戦で消失していますが、総門など一部が復元されています(2018年度に山門を復元予定だそう)。「円覚寺跡」として国指定史跡。
「円鑑池」は円覚寺の前に室町時代に造られた人工池。その中ノ島にある「弁財天堂」へ渡れるように造られた中国風の石造アーチ橋「天女橋」(別名・観蓮橋)は、日本に現存する最古の石造アーチ橋として国指定重要文化財となっています。
その「円鑑池」からも繋がっている「龍潭」は円覚寺より以前に造られた人工池で、琉球王家・尚氏の命により中国の池泉にならい国相懐機によって作庭されたものとのこと。現在も池を挟んで首里城と石垣を眺めることができますが、古くから水面に首里城を写す姿を庶民が楽しめる名勝地だったとされます。
(2018年7月訪問。以下の情報は訪問時の情報です。最新の情報は各種公式サイトをご確認ください。)

アクセス / Access

ゆいレール 首里駅より徒歩10分
那覇バスターミナルより路線バス「当蔵」バス停下車 徒歩2分

〒903-0812 沖縄県那覇市首里当蔵2-1 MAP

シェアする: